不動産投資セミナーで投資を一から勉強

最新情報

不動産投資セミナーで投資を一から勉強

ブームのセミナー 不動産投資セミナーの開催が、増えています。その背景にあるのは、やはり、日本銀行の金融政策です。異次元の金融緩和により、市場にマネーは溢れており、また、利息が使かない超低金利時代となっています。そのため、投資先として株や不動産が選ばれているのです。一言で言うと、不動産投資はブームであり、やや過熱気…

詳細はコチラ

メニュー

2017年07月07日
不動産投資セミナーで投資を一から勉強を更新。
2017年07月07日
不動産投資セミナーに参加するときのポイントを更新。
2017年07月07日
不動産投資セミナーのプラスαを更新。
2017年07月07日
不動産セミナーのメリットについてを更新。

カレンダー

2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ブームのセミナー

不動産投資セミナーの開催が、増えています。その背景にあるのは、やはり、日本銀行の金融政策です。異次元の金融緩和により、市場にマネーは溢れており、また、利息が使かない超低金利時代となっています。そのため、投資先として株や不動産が選ばれているのです。一言で言うと、不動産投資はブームであり、やや過熱気味です。このチャンスを逃さまいと不動産投資セミナーの開催が、増えているのです。通常、不動産投資セミナーを開催するのは、投資コンサルティング会社ですが、最近は、金融機関が絡んでいるケースも多いようです。なぜならば、融資するお客様を探すのに絶好の機会だからです。仮に、返済が滞っても、担保として土地や建物が手に入るから、リスクがないわけです。抵当権を不動産に設定しての融資は、金融機関にとってこのうえないのです。最近よく話題になっているのが、相続税対策によるアパート経営です。地方部では、飽和状態となっており、アパート経営を勧める不動産投資セミナーであれば、信頼しないようにするべきです。事実、家賃保証契約について裁判で係争している事例が増えています。不動産投資は、100%儲かるわけではありません。しかし、不動産投資セミナーで学ぶことの意義は大いにあり、学べば学ぶほど不動産投資が成功する確率は高まります。

高額セミナーに注意

話半分に聞いておくこと、参加費が高額になるセミナーには決して参加しないこと、これが不動産投資セミナーに参加する上で気をつけるべき注意点です。株と同じように、不動産への投資も水物です。なので、必ず儲かる投資などありません。どんなに計算ずくで投資をしたとしても、儲かるか儲からないかは運次第です。それなのに、不動産投資セミナーの言葉を真に受けすぎると後で痛い目にあう可能性があるので、セミナー講師の講義は、「ああ、そういうものの見方もあるのか」程度にとどめておくといいでしょう。もちろん、セミナーの講師の言うことが役に立つ場合もあるので、アラ探しするような態度で聞いてはいけませんが、セミナーの講師の主張は、あくまで一意見に過ぎないことを忘れないようにしましょう。高額な参加費用を要求するセミナーに参加しない、これも大切なことの1つです。いくら貴重な知識を教えてくれるからといっても、5万円、10万円、あるいはそれ以上の費用を払うセミナーには損しかないので、高額なセミナーには参加しないようにしましょう。参加費用が無料、あるいは数千円のセミナーの中にも、役に立つセミナーはたくさんありますので、まずはそういうセミナーに参加するといいでしょう。

ピックアップコンテンツ

不動産投資セミナーに参加するときのポイント

勧誘に注意不動産の投資セミナーほど、玉石が混ざっているセミナーはありません。なので、聞く価値のある不動産投資セミナーに行きたいなら、申し込みをする前に、いくつかのことを調べておく必要があります。まず最初に調べるべきことは、そのセミナーの講師がどんな実績をあげてきたかです。まったく実績のない講師が、ためになることを語…

詳細はコチラ

不動産投資セミナーのプラスα

将来を考える 投資商品の中でも初期費用が高額な商品として不動産がありますが、長期的な資産形成や安定した収入が得られるとして高い人気を集めています。そんな不動産投資を始めるには、まず最初は不動産投資セミナーへの参加で、一から知識を得てみてはいかがでしょうか。日本各地で不動産投資セミナーが開催されており、多くのセミナ…

詳細はコチラ

不動産セミナーのメリットについて

人脈を得るのに大切 最近は以前より少額の資金でも不動産投資を始められる様になりました。上手く運用すれば不動産投資は、長期に渡って安定した不労所得を得る事も可能ですね。しかし、不動産投資はそれなりに金額も大きくなりますから、失敗した場合のリスクも少なくありません。例えば今までFXなどの投資を行った事がある人であって…

詳細はコチラ