おしゃれな人こそバックルにこだわるべき

ここ数年でオシャレの一環としてベルトのバックルが注目されるようになってきています。基本的にバックルはカジュアルな服装の時はシャツなどで隠れてしまいますし、フォーマルな服装の時にはスーツやジャケットなどで隠れていました。そのため多くの方がバックルに気を使う事は少なかったのですが、最近では目立たない部分こそ気を使うと言う方が多くなっています。したがって、普段は隠れてしまいがちなバックルをオシャレに使う事が良いとされています。またバックルにウエイトを置いたファッションも注目されるようになっていて、通常は隠れてしまう物をあえて前面に押し出したファッションも支持されています。なおバックルには様々な種類がありますので、用途に合わせて使い分ける必要があります。

基本的なバックルの形などについて

バックルの種類として、多くの方が最初に思い浮かべるのがピン式になります。このピン式は誰でも一本は持っていると言われるほどスタンダードなタイプで、その他のタイプは基本的にこの形から派生しています。このタイプは一本のピンをベルトの穴に通して使うようになっていて、調整もしやすいですし着脱も容易に行えます。また大人しめなデザインが多いので、カジュアルでもフォーマルな服装でも使える万能タイプと言えます。なお、ピンと穴が二つになっているダブルピンと言うタイプもあります。この場合にはホールド性が高くなりますので、外れる事が危険に繋がる作業着などに使われています。ただし最近ではハードな印象を与えると言う特徴がある事から、そのようなファッションの時に用いられるケースも多くなっています。

ピン式以外のバックルのタイプについて

ピンを穴に通して使う以外のタイプとしては、まずはバックル式が挙げられます。このタイプはバックル自体にベルトを通して、挟んで固定すると言う形になります。そのため調整が非常に簡単になりますし、体型を選ばずに使う事が可能になります。また非常にカジュアルな印象になりますので、普段着などに合わせて使われる事が多くなります。そしてバックルの裏についた突起をベルトの穴に刺して固定するトップ式のバックルもあります。このトップ式のバックルはやや珍しいタイプになりますが、その分特徴的なデザインになっています。例えばアルファベットをモチーフにしていたり、動物などをデフォルトしたものなどがあります。そのためセミフォーマルなパーティーなどに適した遊び心のあるタイプになっています。